ピノ ピスタチオ が期間限定で新発売!隠し味のロレーヌ岩塩とは?産地や特徴は?

アイス

ピスタチオペーストを混ぜ込んだ香り高いピスタチオアイスを、ピスタチオ風味トッピング付きのミルクチョコでコーティングしたひとくちタイプのアイス「ピノ ピスタチオ」が期間限定で新発売されるとのこと。SNSでも話題になっていますね!

この「ピノ ピスタチオ」の隠し味には、「ロレーヌ岩塩」というもが使用されているそうなんですよ。

ところで、このロレーヌ岩塩というのは一体どんなものなのでしょうか?

そこで今回の記事では、「ピノ ピスタチオ」の隠し味に使われているロレーヌ岩塩とは何なのか。また、産地や特徴についてまとめました。

「ピノ ピスタチオ」も気になるけど、隠し味に使われている「ロレーヌ岩塩」も気になる!という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

「ピノ ピスタチオ」の隠し味に使われているロレーヌ岩塩とは

この「ロレーヌ岩塩」は、まろやかで、味わい深いサラサラ岩塩で、お料理に旨味とボリューム感を出しやすい岩塩として知られています。

そんな「ロレーヌ岩塩」を隠し味に使っている「ピノ ピスタチオ」は、隠し味にフランス産ロレーヌ岩塩を使うことで、本格的なピスタチオの風味と甘さを引き立てているそうです。

ロレーヌ岩塩の産地は?

「ピノ ピスタチオ」の隠し味に使われているロレーヌ岩塩は、フランス北東部に位置するロレーヌ地方で生産されている岩塩のことで、1856年に岩塩鉱の採掘作業が始められて以来、100年以上にわたって塩の生産が行われています。

ロレーヌ地方はベルギー、ルクセンブルグ、ドイツと国境を接する田園地帯で、ヴォージュ山脈、エイの森、ヴェルダンの森ではハイキングやスキーもできるそうですよ。

ロレーヌ岩塩の特徴は?

「ロレーヌ岩塩」は、天然の岩塩鉱に水を注入し、濃い塩水にした後、もう一度釜で煮詰めて、再結晶させたこだわりの岩塩で、まろやかで、味わい深いサラサラ岩塩です。

この「ロレーヌ岩塩」が、ピスタチオペーストを混ぜ込んだ香り高いピスタチオアイスのピスタチオ風味を引き立たせているそうです。

トッピング付きのミルクチョコでコーティングすることで、ピスタチオアイスにピスタチオ風味がトッピングされ、カリカリと軽快な食感で、いつもの「ピノ」に食感の楽しさをプラスしています。

まとめ

今回の記事では、「ピノ ピスタチオ」の隠し味に使われているロレーヌ岩塩とは何なのか。また、産地や特徴についてまとめました。

「ロレーヌ岩塩」の産地はフランス北東部に位置するロレーヌ地方で、天然の岩塩鉱に水を注入し、濃い塩水にした後、もう一度釜で煮詰めて、再結晶させたこだわりの岩塩ということがわかりました。

「ロレーヌ岩塩」を隠し味に使った、アイスブランド「ピノ」シリーズから発売される「ピノ ピスタチオ」は、2021年5月31日(月)よりコンビニエンスストアで先行発売され、7月12日(月)から11月頃までの期間限定で、全国で発売されるそうです。

パッケージはチョコレートやスイーツ専門店のパッケージをイメージ。上品な高級感が感じられるスタイリッシュなパッケージデザインに仕上げられているのだとか。

「ピノ ピスタチオ」の想定価格は180円(税別)になるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました